こんにちは!兵庫県認可の専門学校、神戸動植物環境専門学校(Kap)のブログです!Kapのことを知りたいならこのブログをCHECK!!


by kobekappy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:熱帯魚と海水魚( 27 )

皆さんこんにちは♪♪高松です001.gif

今回はKAP地下水槽管理実習室のメインエリア「マリンガーデン」にやってきた
新しい仲間を紹介します056.gif

淡水に住むエイの仲間、クロコダイルスティングレイの男の子
「バロック」です072.gif072.gif

c0182661_9261633.jpg


体のリング模様がとっても綺麗な美男子で、尻尾を抜いたサイズは40cm前後と、
これからもう少し大きくなってくれそうな感じ。

この写真は新しい環境に慣れてもらうための
水合わせと呼ばれる作業中のバロックさんの様子です

今までそのお魚が過ごしてきたお水の中に、
少しずつ新しい環境のお水を注いでいくこの作業。
新しい環境の水温や水質にゆっくりと魚の体を合わせていくのが目的です。

地味ですがとても重要な作業で、この行程をとばしたり手を抜くと
水槽に魚を入れてすぐにお亡くなりになられてしまう事も。。。

人間も、ものすご~く田舎な場所からものすご~く都会な場所に引っ越すと
空気の違いで体を壊す人っていますよね?
魚にとっての空気はまさしく「お水」です。
そして魚は人間よりももっと敏感に、環境の違いを感じ取る
生き物。お引っ越しには準備運動が必要なんです。

ところでこのクロコダイルスティングレイという魚は
実は淡水エイの中でも貴重なお魚の1種。

私もこの水合わせ作業を手伝ったのですが、
正直緊張してしまいました057.gif057.gif057.gif
ですが、そんな心配もよそにバロックは気持ちよさそうに泳ぎ始めて
くれて一安心。。
きっとこれから学生に色んな勉強をさせてくれる事でしょう

c0182661_102135100.jpg

[PR]
by kobekappy | 2012-08-30 10:13 | 熱帯魚と海水魚

アクアリウム雑誌の取材

神戸動植物環境専門学校


先日アクアリウム雑誌の取材がありました。
今回は、レッドシーさんの添加剤の使用による変化を別の水槽と比較してどうなのかという内容で追いかけていく内容です。

まずは。既存の水槽をリセットします。

c0182661_1823048.jpg


水槽内はもちろん、濾過槽や石灰藻もできるだけ取り除きます。

c0182661_1831045.jpg



ライトもきれいにしました。

c0182661_1834574.jpg



さて、水槽ができあがり、次は添加剤などの勉強会です。

c0182661_18354363.jpg



いつもは普通の試薬を使ってデータを取っていますが、今回微量元素も測定でき、しかも細かい値まで測定できる試薬が売りだされたので、まずはこれらの使い方を中心に勉強です。

c0182661_18381373.jpg


c0182661_18383453.jpg


c0182661_18385361.jpg



さて、これらのデータはほぼ毎日測定して変動を追いかけていっています。

また、勉強会の後にきれいにした水槽をレイアウトしてサンゴを投入して状態の変化も観察中です。

雑誌の掲載がどの号になるか決まりましたらまたここで報告していきたいと思います。
[PR]
by kobekappy | 2011-04-01 18:43 | 熱帯魚と海水魚
神戸動植物環境専門学校

久しぶりに登場するコマツです。

8月2日~5日まですさみ町立エビとカニの水族館が行っている岡山県の天満屋岡山店での移動水族館の手伝いに行ってきました。

詳しくは後日書く予定ですが今回は先日の城先生の書き込みにもありましたが、本校で飼育していたアオウミガメの返却も兼ねていましたのでその様子をお伝えしようと思います。



さて、魚の輸送の場合はビニール袋に水を入れて酸素を注入して運びます。
カメの仲間は、爬虫類ですので肺呼吸です(←魚ばかり扱っているとたまに忘れてしまいそうになりますが)

そこで、今回は小さめの衣装ケースに入れて輸送しました。

ウミガメといえども水から上げても問題ありませんが、甲羅が乾いてしまうと室温の上昇とともに体温が上がってしまいます(←変温動物ですから)

そこで、下にはタオルを敷いて、水を浸してあげます。

また、ふたをしての輸送になるので、空気がこもり、温度が上昇する可能性があります。そこで、水を入れて凍らしたペットボトルにタオルを巻いて入れてあげます。できるだけ対応できる温度のギリギリまで下げてあげると活動もおとなしくなり輸送が簡単になります。

箱に入れらた時の様子は・・・  ↓   ↓   ↓

c0182661_15463084.jpg



車で輸送したのですが、時々霧吹きで水かけてあげながら輸送しました。
もちろん、トイレ休憩の際もクーラーを止めずに。

さて、3時間程度の輸送でしたが、無事に運ぶことができました。

展示用のプールは直径3メートル程度だったので学校よりも優雅に泳いでいました。

c0182661_15485687.jpg


c0182661_15491629.jpg



毎年移動水族館では、小笠原母島漁協の協力によりアオウミガメの卵からの孵化や孵化後のアオウミガメを見ることができます。

準備中にフライングして数匹出てきていましたが、ちょうど卵から出かけるところも見ることができました。


c0182661_15534988.jpg



最後に今年生まれの仔ガメと実習生として立ち上げに参加した水族館ゼミの学生との2ショットです。


c0182661_1554121.jpg



天満屋岡山店で8月22日まで行われていますので、もしお近くの人はぜひ立ち寄って大きくなった姿をご覧ください。もちろん、他の水槽もいろいろおもしろいですよ。

次回は、立ち上げの様子をお伝えする予定です。
[PR]
by kobekappy | 2010-08-06 16:02 | 熱帯魚と海水魚

別れの時・・・

神戸動植物環境専門学校

こんにちわ、城です001.gif

暑い日が続きますが、皆さん夏バテにはなっていませんか?
私の夏バテ防止法はズバリ、ランニング!066.gif
汗をいっぱいかくと気分爽快です(熱射病には注意が必要ですが)

さて、今日は少し悲しいお知らせです・・・007.gif

丁度、1年前に小笠原で産卵し、小笠原母島漁協から許可をいただき、
教育普及のために飼育していた、アオウミガメの赤ちゃんが
小笠原に帰る日が近づいてきました。
c0182661_11253923.jpg

学校にやってきた時は掌ぐらいの大きさでしたが、1年で立派に成長しました038.gif
本校のアイドルでした058.gif
c0182661_11255371.jpg

学生達で「チームウミガメ」を立ち上げ、
毎日、水換えやエサやりと熱心にお世話していました049.gif
c0182661_112632.jpg


この2匹のウミガメはいったん岡山で開催される移動水族館で展示された後、
小笠原へ帰ります。

明日(7月31日)は本校でオープンカレッジがあります。
本校でこのウミガメ達を観る事が出来るのは、明日が最後です!

皆さん、ぜひウミガメに会いに来て下さいね!!003.gif


夏休みのオープンカレッジ予定056.gif
   
   7月31日(土)
   8月 7日(土)
   8月10日(火)
   8月21日(土)
   8月28日(土)

夏休み、特別イベントも用意しています
スタッフと動物たちは皆さんにお会いできるのを楽しみにしています070.gif
ぜひ、ぜひ、ご参加下さい035.gif
[PR]
by kobekappy | 2010-07-30 11:30 | 熱帯魚と海水魚

入学式の準備

神戸動植物環境専門学校

なかなか続きが書けず、気づけば春休みが終わりですね。



明日は入学式です。

今年もまた、フレッシュな学生が入ってくると思うと、教職員の気持ちもフレッシュになります。

今日は、2年生のオリエンテーションの日でした。
新たな一年の始まりです。
今年は、担当クラスが増えて、個人的にもフレッシュな気持ちになっております。




さて、本校の入り口には大きな水槽があります。
そこには、3月に卒業した水族館ゼミの有志の集まり「チームクマノミ」が育てたハマクマノミが泳いでいます。

生まれてまだ1年未満。まだまだ育ちざかり・・・、新入学生たちと同じですね。

この「チームクマノミ」。次の学年にも受け継がれ、現在2週間前に生まれたハマクマノミを育てております。
また、カクレクマノミも数は少ないですが育てることができました。
明日は、このクマノミ水槽横で展示しております。


明日の入学式で新入生を迎えるにあたり、解説版を作ってもらいました。


     ↓     ↓     ↓


c0182661_21262657.jpg



入ってすぐに見えるのは、チビクマノミの育て方です。
アップにしてみると・・・


c0182661_21284511.jpg
 

自然界とは違い、飼育下では飼育担当者が親代わりになり育てます。
簡単なようで難しい作業です。


受付側には・・・


c0182661_21312611.jpg


この水槽で飼育している生物たちの解説です。


さて、これらを作成してくれたのは「新チームクマノミ」の華の皆様です(*^。^*)

c0182661_21335679.jpg


春休みの間、水槽管理に合わせて作ってくれました。

ぜひ明日の入学式の前にご覧くださいね。



受付右のほうには他ではなかなか見ることのできないアオウミガメも皆さんの入学式を心待ちにしております。これから毎日見ることができますよ!!

こちらは前回のブログに載せておきましたが、アオウミガメについて詳しい解説も書かれております。亀人も登場していますので(笑)ぜひご覧ください。

c0182661_21404554.jpg


ぶぅちゃんもきぃちゃんもみなさんに早く会いたいとカメラに向かっていっておりました(笑)
[PR]
by kobekappy | 2010-04-08 21:47 | 熱帯魚と海水魚
神戸動植物環境専門学校

春休みに入り、静かになるかと思いきや、生物相手なので毎日入れ替わり立ち替わりで学生が登校して飼育管理をしております。

この長期休暇で、学生個人個人の生物への思いが感じ取れますね。

さて、少し前からテッポウウオを飼育しているのですが、担当についた学生がありとあらゆる資材を使って力作を作ってくれました。

   ↓   ↓   ↓


c0182661_131276.jpg



久しぶりに見る力作です。
まだまだ、手直しをしております。
もっとバージョンアップしそうです。


また、カクレクマノミのふ化の話を書いたと思いますが、あれから約2週間たって、体色が半透明からだんだん色が付いてきて、親に近くなってきました。泳ぎ方も変わってきていて、愛着がわいています。

まだまだ小さいですが・・・

 ↓   ↓   ↓

c0182661_134630.jpg



次の産卵が楽しみです。

春休みといっても魚たちは関係ありません。
生き物を扱う職業に就きたいなら、普段からなれることが大切です。
[PR]
by kobekappy | 2010-03-10 13:06 | 熱帯魚と海水魚
神戸動植物環境専門学校

今日は一日卒業研究発表会。審査していたので写真はありません。
カメラマンが走り回ってくれていたので書いてくれるはずです(よね?)

各テーマ、各ゼミにあった内容でなかなかいい出来ではないでしょうか?
もう少しこうすれば、ああすればという気持ちが残っていると思います。
何が足りなかったか、どうすればよいか、改善してみてください。
それがみなさんのためになると思います。

まだ、明日半分あります。
残りの人たちは、しっかりと自信を持って発表してください。

まとめて卒業研究発表会の総評を書いてくれると思います 
(だれかよろしくお願いしますm(__)m)


さて、そんな状況の中、実は先週カクレクマノミが産卵していました。

産むとはおもっていなくて食べられてしまうのではと思っていたら、ふ化予定日までしっかりと親が守ってくれていました。

今日はちょうどふ化予定日。
新しい、チームクマノミメンバーを集めてふ化待機。

予想はぴったりでふ化してくれました。
(写真はとれず(*_*))

初産のため産卵数も少なく、同居人同居魚もいたため、数はあまり集めることができませんでしたが、いろいろ学んでもらうために世話をしてもらいます。


昨年はハマクマノミを成功しましたが、今年はまずはカクレクマノミを成功させていろいろ増やしていきたいと思います。
[PR]
by kobekappy | 2010-02-23 22:34 | 熱帯魚と海水魚

産卵速報!!

神戸動植物環境専門学校


今日の夕方、1年生の水槽でカクレクマノミが産卵しました。

↓  ↓  ↓

c0182661_18593618.jpg


以前にも時々産んでいるペアがいたのですが、別水槽に入れたら産まなくなったりしたので、ちょっと心配ですが、ほかの魚に食べられないようにしていかないといけません。

とりあえず、今日は産卵終了まで時間がかかると思うのでそのままです。

明日以降に対応していきたいと思います。
[PR]
by kobekappy | 2010-02-15 19:03 | 熱帯魚と海水魚

今日は節分

神戸動植物環境専門学校

今日は節分。

豆まきをして年の数だけ豆を食べて(すでに僕はお腹いっぱいにになる年に近づいてきました)、恵方(今年は西南西でした)に向いて太巻きを食べる風習が関西ではあります(地方生活で知りました)。

さて、このネタでなにか展示できないかと思っていましたが、どうやっても思いつかないので、定番のテーマでやりました。


「鬼は外、福は内」

まずは、登場人物から・・・

作成担当者は

担当の水族館ゼミのA・Mさんと
c0182661_22245855.jpg


補助になってくれたY・Mさん
c0182661_22262442.jpg


展示魚のミドリフグ
c0182661_2227220.jpg


なぜフグなのか・・・

フグ→(なまって)→フク→福

とうことで(定番です)

設置は簡単。基本コンセプトは、いかに簡単にいかに面白く伝えるか。

水槽置いて濾過層まわして配線やレイアウトをして・・・

c0182661_2230192.jpg


c0182661_22303122.jpg



鬼は外、福(フグ)は内で完成です(^-^)

さて、今回の担当2名と水槽の写真をどうぞ


c0182661_2232720.jpg




おまけ


c0182661_22325668.jpg



ギリギリで作成しましたので、節分が過ぎても当分展示しますので、登下校中にご覧ください。
また、節分が過ぎてもミドリフグはパウちゃん2世として当分同じ場所で飼育しますので、かわいい姿を眺めてください。
[PR]
by kobekappy | 2010-02-03 22:39 | 熱帯魚と海水魚

虎の名の付くカニ

神戸動植物環境専門学校

年が明けて、随分と経ちましたが干支の生物の展示のお知らせです。

3階受付に展示しております。

c0182661_15461640.jpg


あまり大きくありませんが(^_^;)


展示生物は・・・

c0182661_15465988.jpg


トラフカラッパです。
丸っこくてなかなかかわいいカニちゃんです。
爪に虎斑(トラフ)模様があるのが特徴ですが、この種類は左右の爪の形が違います。左右の大きさが違う種類はよくいますが、、形まで違うのはあまりいません。
よく見てみると・・・

c0182661_1549810.jpg


この変わった形の爪を器用に使って巻貝を缶切りのように割って食べます。

即席ですが解説板も作成してます。

c0182661_15503310.jpg


もう少し展示しますので、登下校の時にでも見てくださいね。
[PR]
by kobekappy | 2010-01-18 15:52 | 熱帯魚と海水魚