こんにちは!兵庫県認可の専門学校、神戸動植物環境専門学校(Kap)のブログです!Kapのことを知りたいならこのブログをCHECK!!


by kobekappy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:自然環境( 12 )

こんにちは!ワイルドアニマル担当の城です。

さて、今日は「かっぴぃササキ部長in黒川 第2弾」です。
(第1弾からずいぶん時間が空いてしまいました・・・反省・・・007.gif

気を取り直して、本校の里山演習地「黒川演習地」の活動場所をご紹介!!003.gif

c0182661_12162041.jpg

↑ ここは、黒川地区の方から空家をお借りしている。通称「ゼミハウス」ですが、
 純和風の内装です058.gif

c0182661_12164584.jpg

↑ ここは「黒川温泉 美人の湯」入泉すると美人になれる?!
 1日体を動かした後はこの温泉で疲れを癒します063.gif

c0182661_1217532.jpg

↑ ここはスギ、ヒノキの植林地帯です。ここでは、自然の森を再生する為に
 様々な活動を行っています035.gif

c0182661_12172587.jpg

↑ 先ほど、紹介した植林地にドングリの生る木を植林する為の苗を育成している所です。
 シカが食べに来るので、シカよけネットを張っています049.gif

c0182661_12173947.jpg

↑ ここは、自然の森。ですが、放置され荒れ放題なので、健全な森を保つ為に活動しています066.gif

c0182661_1218647.jpg

↑ ここは炭焼き小屋。秋から冬にかけて、学生達で炭焼きを行っています060.gif

c0182661_12181831.jpg

↑ この建物は現在建築中の作業小屋です。完成するとこの中で様々な木工クラフト
 が雨や雪でも出来るようになります。
 全て、学生の手造りです047.gif

c0182661_12183082.jpg

↑ 黒川地区には使用されていない畑や田んぼ(休耕田)があります。そこを利用して、
 学生達が色んな農作物を作っています056.gif


 黒川演習地では、そこに住んでいる住民の方と一緒になって、様々な活動を行っています。 
 
 自然のしくみや野生動物のことを学ぶには、現場(フィールド)に勝るものはありません! 
 
 1週間の泊まり込みで、月に1 ~ 2回はこの演習地で学生達は多くの「学び」と「気付き」
を体験しています。 

[PR]
by kobekappy | 2009-09-12 12:23 | 自然環境
こんにちは!ネイチャー改めワイルドアニマル担当の城です。

今回はかっぴぃササキ部長出張企画!
「かっぴぃササキ部長 in 黒川 第1弾」
をお送りします。

 本校の校舎は六甲アイランドにありますが、ワイルドアニマル系のクラスが専用に使用している
里山の演習地「黒川演習地」があります。その黒川演習地の演習場をご紹介!!

かっぴぃササキ部長(以後027.gif青文字)
「メガネがおしゃれな部長、かっぴぃササキも初めて黒川にお邪魔しました。
普段は027.gifですが、アウトドア風にトレードマークのメガネははずしちゃいます・・・003.gif


c0182661_13433261.jpg

↑ ここが「黒川本村」です。場所は兵庫県のほぼ中央、兵庫県朝来市生野町です。
 兵庫の生野と言えば、昔、生野銀山で栄えたことで有名ですね(ご存知でしたか?)
 その黒川地区最奥部、「市川」の源流部に位置するのが黒川本村です。
 ここが本校の演習地です。
 村ごと演習地なんて、珍しいでしょ?035.gif

027.gif「うわぁ~!広いですねぇ~!逆さまに見ると、また違う感じで気持ちイイ~!
 やっぱり空気が違うね!地球に生まれて良かった~!!!070.gif


c0182661_13442939.jpg

↑ ここは黒川夢の里広場です。
 サッカーコート1面分のグランドでテントを張って、学生達は寝泊まりをし、
 正面に見えているベーステントで食事や講義を行っています。

027.gif「ボクがいるのわかるかなぁ~?」

c0182661_13451910.jpg

↑ どこかで見たことある顔ですね~。037.gif
 そうです! 本校のパンフレットにも載っている、左が卒業生の中畑さん。
 右が在校生で2年生 環境マネージメントゼミの太田さんです。
 そして、後ろに見えているのが、学生が寝泊りをしているテントです。
 テントの上にフライシートを張り、テントの下にはデッキを敷いているので雨が降っても大丈夫!
 快適に過ごせます。全て、学生の手造りです。066.gif

027.gif「エヘッ ボク、ちやほやされてます・・・」

c0182661_1346065.jpg

↑ さて、場所を移動して、ここは動物を飼育している通称「黒川Kap牧場」です。
 ここでは、ヒツジ5頭、ミニウマ5頭、仔ウシ3頭を飼育しています。
 ヒツジ1頭とミニウマ1頭は今年の5月にここで産まれました。038.gif
 正面に見えている畜舎も全て学生の手造りです!!066.gif

027.gif「ボクとお友達になりたいヒツジ・ミニウマ・仔ウシ! 集~合~!!007.gif
 誰も来ないなぁ エッ!ボクに気づいてない???」


c0182661_13463890.jpg

↑ かっぴぃササキ部長に興味津々のおウマさん。
027.gif「どうしても!とお願いされて・・・記念にパチリッ061.gif

c0182661_13472015.jpg

↑動物を飼育している畜舎の隣です。
 まだ何も建物はありませんが、現在、学生が新しい畜舎を建設中です。
 ここはウマ専用の牧場として、様々なトレーニングなんかも行う予定です。
 ここの畜舎も学生が全て手造りで建設します。066.gif9月頃完成予定!060.gif

027.gif「すごーい!学生の手造りなんて・・・!
005.gifボクのお家もお願いしようかな?」


c0182661_1348023.jpg

↑ !!部長が燃えちゃう!この日はちょうど2年生の環境マネージメントゼミの演習中でした。
 夕食のご飯をお釜で炊いている所をお手伝い?!

027.gif「アチッ!アチッ!    聞いてないよぉ~!
 城先生、ちょっと・・・ (火が小さすぎるやん!リアクション取りにくいやん!)」


c0182661_1349991.jpg

↑ 2年生環境マネージメントゼミと一緒に夜ご飯をいただきました!
 学生は1日中、体を動かして演習活動をしていましたが、元気いっぱいです!!

027.gif「わぁ~い!わぁ~い!ご飯だぁ~!
みんなと食べると、おいしさ倍増だねっ001.gif


c0182661_13495077.jpg

↑ 今日の夕食はシチューです。ジャガイモは学生がここで栽培した「黒川ジャガイモ」を使ってます。

027.gif「おいし~い!
ここでは料理も出来るようになるねっ!
これからは男子も料理できなきゃ、モテないぞ!!」



 今回は学生の寄宿地と動物飼育施設をご紹介しましたが、
次回は自然の中で活動している活動場所をご紹介します!お楽しみに~056.gif


 8月18、19日はここ「黒川演習地」にて、1泊2日のオープンカレッジがあります。
自然や野生動物に興味のある方、
動物飼育に興味のある方、
自然の中でアウトドアを楽しみたい方でも
参加費は無料ですのでお友達を誘って、どんどんご参加下さい!
締切が迫ってますので急いでお電話を!!!
(078-857-3612まで)

[PR]
by kobekappy | 2009-08-10 14:08 | 自然環境

学校周辺の昆虫類

こんにちは、ネイチャー担当の城です003.gif

梅雨ももう終わりですね~057.gif
今年は神戸は雨が少なかった気がします058.gif

 先日、黒川演習地に久々に行くと(学生は常に入っているのですが)
ヘイケボタルヒメボタルがたくさん観察出来て、とても幻想的でした072.gif
都会でもホタルがたくさん飛ぶ環境になってほしいものです001.gif

 今週の木曜日に昆虫類専門の先生の授業で、
学校周辺(六甲アイランド内)の蝶類を調査しました。

普段演習として、活動している里山「黒川演習地」との生き物の比較を行いました。

c0182661_11573891.jpg

 ↑ 人工島ですが、全く植物がないわけではありません056.gif

c0182661_1157533.jpg

 ↑ アオスジアゲハをゲット!003.gifオスかメスかを調べています。


 
今回、採集出来た蝶類は、
   アオスジアゲハ、ホシミスジ、キチョウ、
          ツバメシジミ、ヤマトシジミ
の5種
でした。

 六甲アイランドは人工島ですが、以外にたくさんの種類の蝶類がいたことに
学生も私も驚きました。
 普段、定期的に演習を行っている黒川演習地と自分達が通っている学校周辺の蝶類を
比較することで、植生の違いや環境の違いについて、学びとることが出来ました。

今回、採集した蝶類は後日、標本の作成に用います。

 また、アオスジアゲハは成虫だけでなく、幼虫も発見出来たので、幼虫は持ち帰って、
成虫になるまで観察することになりました↓
c0182661_11582293.jpg


 前回、オオムラサキを育てていたのですが、成虫になる率が低く、
学生も落ち込んでいたので、今回は成功させることをみんなで誓って授業が終わりました。066.gif

 8月18、19日は本校の里山演習地「黒川演習地」
にて、キャンプオープンカレッジがあります。
自然や野生動物に興味のある方に限らず、
ちょっと都会を離れて、自然に触れてみたい
と言う方でもお気軽にご参加下さい。
参加費は無料です!
003.gif
[PR]
by kobekappy | 2009-07-11 12:18 | 自然環境

ネパール渡航記Ⅲ

こんにちはネイチャー担当の城です058.gif


056.gifネパール渡航記もいよいよ最終章です056.gif

アンナプルナ山域のトレッキングとチトワン国立公園での演習を無事終えた学生達は
今回の旅の最終地、チベット仏教の聖地「ボルダナート(ボダナート)寺院」
c0182661_14374153.jpg

ここで2泊して、お土産を買ったり、寺院内を見学してそれぞれ旅の最後を自由に過ごしました。



ここからは、おまけショット!!
異国の自然環境や生活文化の様式を思う存分堪能する学生達の表情をご覧下さい003.gif

c0182661_14395657.jpg

↑ ネパールのこの時期は乾季のため、非常に乾燥しています。町は排ガスだらけ、移動中もマスクを着用しないとのどがやられてしまいます。。。

c0182661_14442881.jpg

↑ 山でもジャングルでも先住民の方が民族ダンスを披露して下さいました。最後は現地の方も学生達も一緒になって、ダンシング~070.gif

c0182661_14461853.jpg

↑ 演習の最後に滞在したボルダナート寺院で久々の日本食!「うまいっ!!」063.gif


トレッキング おまけショット
              ~ アンナプルナ山域より ~


c0182661_1448387.jpg

↑ ポーズを決めて、はいチーズ061.gif1日歩き詰めでも元気です!058.gif

c0182661_14541920.jpg

↑ トレッキング中、宿泊したロッジにて。スタッフも学生も一緒になって、色んなことを語り合いました037.gif

c0182661_14512156.jpg

↑ 今回の演習旅行では、ネパールヒマラヤに生活する先住民の生活や文化、伝説、野生動物、植生など自 分達で自主的に「テーマ」を決めて、聞き取りや調査活動を行いました。
  電気のない暗がりの中、トレッキングを終えた学生達が現地のガイドの方に熱心に聞き取りを行っている 所です045.gif

c0182661_14555871.jpg

↑ アンナプルナ山域をバックにはいチーズ!kapのユニホームはどこへ行っても目立ちます049.gif


ジャングル おまけショット ~ チトワン国立公園より ~

c0182661_1457499.jpg

↑ 飼いゾウについてレクチャーを終えた後、ゾウとの記念写真060.gif

c0182661_1505256.jpg

↑ ゾウを川で洗いに行く途中、現地のゾウ使いの方が特別にゾウに乗せてくれました。満面の笑みです001.gif

c0182661_1523285.jpg

↑ 水も滴るいい男?! 037.gifゾウを洗っている途中、ゾウに水をかけられ、全身びしょ濡れです

 
058.gifこの半月のネパール演習旅行を終えて058.gif

・  トレッキングでは学生達を案内して下さったガイドの方、学生達をサポートして下さったポーターの方々、ジャングルでは、レンジャーの方々。多くの「プロ」の真剣さ、厳しさ

・ この演習旅行を実施するに当たり、多くの方々のたくさんのサポートして下さった方々への感謝の気持ち

・ 日本、自分達が普段生活している環境とは全く異なる環境、人々の生活を5感でフルに感じとり、豊かな感性と広い視野、生きることの素晴らしさ

・ 多くの発見や感動、喜びや悲しみ、辛さを仲間と共に経験し、乗り越えることで仲間の大切さ、達成感

 自然環境や野生動物の知識のみならず、様々な「気付き」を通して、人間としても大きく成長した旅になったのではないでしょうか?

 このネパール演習旅行は、2年生 環境マネージメントゼミとして、初めての校外演習でした。ネパールから帰って、学生達は定期的に実施している黒川演習で、自分達がテーマをもって、活動を始めました。その他にも今の地球環境の現状を改善するために様々な準備を始めています。こちらが指導しなくても学生達が自分達で考え、自主的に行動を始めています。とても頼もしくなりました。これからの成長が楽しみです。

 学生達の活動については、これからのブログでご紹介していきたいと思います001.gif

6月13日(土)は本校のオープンカレッジです。
ワイルドアニマル体感コースでは、ブログでご紹介したネパールの自然や野生動物の他にもマレーシア・ボルネオ島や国内での活動についてもご紹介しています。
興味のある方はぜひ、ご参加下さい003.gif
[PR]
by kobekappy | 2009-06-06 15:05 | 自然環境

ネパール渡航記Ⅱ

こんにちは!ネイチャー担当の城です003.gif

 今回は前回に引き続き、「ネパール渡航記Ⅱ」をお送りします。

前回の「ネパール渡航記Ⅰ」ではアンナプルナ山域のトレッキングをお伝えしましたが、
今回の「ネパール渡航記Ⅱ」では、チトワン国立公園での演習をご報告049.gif

 4泊5日にもおよぶアンナプルナ山域のトレッキングを終えた学生達は、休む間もなく、
次の演習の地「チトワン国立公園」を目指しました。
 ここでは4泊し、ジャングルに生息する様々な野生動植物の調査や先住民の生活・文化を体験しました。

c0182661_16334973.jpg

↑チトワン国立公園はインドに近く、ガンジス川の中流域に広がる広大な平原とジャングルで構成されています。ここにはゾウ、インドサイ、ベンガルトラ、ヒョウなどの大型哺乳動物が多く生息しています。
 そして、これはわたくし事ですが・・・017.gif
ガンジス川と言えば・・・そう!ガンジスカワイルカが生息しています。
今回、私はこのガンジスカワイルカ情報を収集することを個人的な目的としてやって来ました!
が・・・現地のガイドによるとここチトワン国立公園は、多くの観光客が訪れるため、この地域にはガンジスカワイルカはもう生息していないとの事・・・残念・・・007.gif

気を取り直して、ここでの活動を写真でご紹介058.gif

c0182661_13305134.jpg

↑これが、今回のチトワン国立公園で4泊した「マチャンワイルドライフロッジ」です。
 トレッキング中に宿泊したロッジとは比べものにならないくらい豪華なロッジで、敷地内にプールを完備し、目の前にはガンジス川の平原が広がっているので、早朝にはたくさんの野鳥が観察できます。
 ジャングル内にロッジがあるので、運が良ければ宿舎の前や宿舎に向かう途中で、野生動物と出会うこともあります。
 今回、学生の数名は夜、宿舎に歩いて帰る途中、暗がりだったのではっきりと姿は確認出来ませんでしたがネコ科の大型哺乳動物と遭遇すると言うとても運の良い経験をしました066.gif

c0182661_13313194.jpg

↑ これが、この国立公園名物「エレファントサファリ」です。ゾウの背中に乗って、ジャングルに生息する野生動物を観察しました。
学生達は皆、初めての経験で私も含めて、大興奮!!001.gif

c0182661_13315831.jpg

↑これは「ジープサファリ」の様子です。今回のチトワン国立公園での演習は運が良いことだらけ!
このジープサファリ中、めったに出会うことの出来ない「スローベア」の親子と遭遇しました。残念ながら写真としては残っていませんが、ビデオカメラでばっちり撮影出来ました!
その映像が観たい方は
  本校のオープンカレッジ
        「ワイルドアニマル体感コース」

                                     にぜひ、お越しください041.gif

c0182661_13322234.jpg

↑そして、これも貴重映像!「インドサイ」です。動物園とは違う野生のサイ!15m以上離れて観察していましたが、その迫力に圧倒されました。

c0182661_1332505.jpg

↑これは「エレファントブリーフィング」、現地のレンジャーの方にゾウについてレクチャーしていただきました。(全て、英語です)

c0182661_13332445.jpg

↑朝は早起きをして、ガンジス川沿いにやって来る野鳥を観察しました

c0182661_13335455.jpg

↑インド文化を継承する先住民族「タルー族」の村を訪問し、生活や文化を見学しました。また、村の小学校を訪問して、学生は日本の歌を披露し、そのお返しとして、村の小学生が現地の歌を披露してくれました。

c0182661_13342193.jpg

↑ジャングルでの演習最終日、エレファントサファリでお世話になったゾウを川できれいにウォッシング!!

 チトワン国立公園のジャングルは山の気候とは違い、非常に乾燥して、日中は40℃近くにもなる非常に暑い過酷な環境でしたが、そこに生息する野生動植物や生活する先住民との交流、熱心に話して下さった現地のレンジャー、ゾウ使いの生活などを通して、多くの「気付き」と「学び」を得ることが出来たのではないでしょうか?035.gif056.gif035.gif056.gif

次回は、ネパール渡航記最終章
    「ネパール渡航記Ⅲ」
をお送りします。
お楽しみに~!
060.gif
[PR]
by kobekappy | 2009-05-30 16:34 | 自然環境

ネパール渡航記Ⅰ

こんにちわ!003.gifお久しぶりです
               ネイチャー担当の城です035.gif


 つい先日、3月に自然環境ゼミを卒業して、沖縄のアウトドア会社に就職した卒業生から
沖縄で楽しみながら頑張ってます」と言う嬉しいメールがありました001.gif

 メールの中に「KAPのブログの更新を楽しみにしています」と書いてくれていて、
卒業生もこのブログをチェックしてくれているんだと嬉しい気持ちになりました056.gif

 最近(私自身が)更新してなくてごめん・・・。決してさぼってる訳じゃないからね!
これからバリバリ更新するから楽しみに待っててね!049.gif

さて、今回は3回に分けて、2年生の環境マネージメントゼミが3月15日から30日まで
     経験してきたネパール演習旅行のご報告をしたいと思います058.gif


 今回の 「ネパール渡航記Ⅰ」 では前半に体験した、
                アンナプルナ山域のトレッキングについてご報告します004.gif

 ところで、ネパールと言う国、皆さんどこにあるかご存じですか??
ネパールは北の中国、南のインドに挟まれた世界最高峰のヒマラヤ山脈が連なる国です。
c0182661_13222437.jpg

 まず、私たちは関西国際空港を出発し、バンコクを経由して、ネパールの首都カトマンズにたどり着きました。
 首都カトマンズからバスに揺られること約6時間のはずだったのですが・・・。
途中、事故による通行止めに遭い、結局10時間かかって、トレッキングの出発口、ポカラへ到着。
朝、出たのにポカラへ着いた頃にはすっかり日が暮れて、皆ヘトヘトでホテルへチェックイン。
ポカラは日本で例えるなら上高地のような場所で、トレッキングを目的とした旅行客が世界中から集まる町です。

058.gif翌日からいよいよトレッキングスタート!!058.gif
前日のバス移動の疲れもなく、皆元気に歩き始めました!003.gif

 今回のトレッキングルートは ナヤプルを出発 → ティルケドンガを経て、ゴレパニへ → 
ゴレパニからタダパニを経て、ガンドルンへ → そしてガンドルンからナヤプルに戻る
                                        と言う、4泊5日の行程でした。
c0182661_13312019.jpg

↑標高1,200mのナヤプルを出発して、最高3,200mのプーン・ヒルを経て、1日最大8時間のトレッキングを経験してきました。


↑ここでは、自分の‘足‘が唯一の移動手段!!
トレッキング中、様々な集落を通過し、高地で生活する先住民の生活や文化を学習しました。

c0182661_13323480.jpg

↑ただ歩くだけではなく、ネパールの自然環境や野生動物の痕跡を調査しました。

c0182661_1333086.jpg

↑シャクナゲの花が綺麗でしょ?056.gif

c0182661_13333678.jpg

↑荷物を乗せたロバが通りま~す。道を空けている間、小休憩042.gif

c0182661_1334258.jpg

↑ロッジに着いたら終わりではありません。電気が無いので、ランプの明かりで夜のレクチャー047.gif

c0182661_13342744.jpg

↑今回の演習旅行では、日替わりで学生のインタープリター(ガイド)役を決め、トレッキング中、学生のガイドが同級生をハンドリングしました。毎晩の反省会では皆熱心に意見を出し合っていました。

c0182661_13355620.jpg

↑ゴレパニ宿泊中、早朝に標高3,200mのプーン・ヒルへ・・・
アンナプルナ連山からの日の出をバックにハイ!チーズ003.gif

c0182661_13362964.jpg

↑この地域最大のグルン族の村「ガンドルン」。
この村のほとんどの人は自給自足です。学生達は空いた時間に村の見学や村の方から生活、文化について聞き取り調査を行いました。 

c0182661_1336501.jpg

↑7 ~ 8,000mの山が連なるアンナプルナ連山をバックに集合写真061.gif
山が白いのは雪!昨年よりも残雪が多く、山の上では非常に寒かったです018.gif

c0182661_13371063.jpg

↑無事に元気に歩ききりました!!みんな本当にお疲れ様038.gif

 この4泊5日のトレッキング中、この時期には珍しく毎日のように雨が降りました。現地では「7ヵ月ぶりの雨」に大喜びでしたが・・・。滑りやすい石畳と降りしきる雨で学生達は四苦八苦・・・。さらに歩いている時はロンT1枚、ロッジに着くとフリースを来ても寒い!標高差も1日最大2,000mとこれまで経験したことのない「環境」でしたが、学生インタープリターと現地のポーターさんの協力、そして、みんなの危機管理・安全管理の意識で誰一人怪我・事故することなく無事にトレッキングを終えることが出来ました。
 このトレッキングで、日本では味わうことの出来ない雄大な自然、日本では考えられない標高で生活する先住民の力強さを目の当たりにし、学生一人一人が大きな学びを得たのではないでしょうか。そして、大きく成長したのではないでしょうか。

 しかし!このネパールの旅はこれで終わりではありません!!まだ、半分が終わったところです!
次回は「ネパール渡航記Ⅱ」と言う事で、ネパールのジャングル「チトワン国立公園」での活動をご報告します
[PR]
by kobekappy | 2009-05-15 16:49 | 自然環境

旅立ち

こんにちは!年を取るにつれて涙もろくなってきているネイチャー担当の城です。
卒業式も泣くまいと決めていたのに・・・。

 3月14日に卒業式が挙行され、環境マネージメントゼミと自然環境ゼミの野生児(?!)達
は全員無事にこの学校を巣立っていきました。
c0182661_11471115.jpg

2年間、怒ったり、泣いたり、バカみたいにはしゃいだりと…

たくさん苦労もかけさせられたけど、本当にみんなサイコーだったよ!!003.gif

 卒業研究発表では、「黒川演習活動について」と「マレーシア・ボルネオ島の自然環境保全

について」が優秀賞に選ばれた時は、まだまだ、今の自然環境について関心の少ない人が

多い中、みんなが2年間学んできたことや実践し、活動してきたことが意味のある、価値のあ

ることだったと感じることが出来ました。

 これもみんなが一生懸命、地球の自然を改善するために頑張ってくれたおかげです。

 みんなが在学中に黒川演習地やマレーシア・ボルネオ島やネパール…。いろんなところで

活動した成果がどうなっているのか、時々見に来て下さい。

そして、みんなの活動はしっかりと後輩が引き継いでくれますからね!!

 自然が取り戻されていくのには、自然を破壊する何倍もの時間がかかります。

 でも、みんながこの学校で植えた様々な「種」は、少しずつですが確実に成長

していきます。

 卒業してもこの学校で学び、実践し、感じたことに自信をもって、
                             それぞれのフィールドで活躍して下さい!


 さて、卒業式のおめでたい日に実はもう一つ
おめでたい事がありました!
001.gif

黒川演習地の「kap牧場」に新しい命が誕生しました!038.gif
 
 ヒツジの赤ちゃん(男の子)です。かわいでしょ037.gif 名前はまだありません。
c0182661_121118.jpg

 お母さんの家康と寄り添っています010.gif お母さんヒツジの名前には触れないで・・・。
c0182661_12112276.jpg

 一生懸命お乳を飲んでいます063.gif
c0182661_12142873.jpg

まるで、卒業生の門出を祝っているようです!

 今回のブログのタイトルは「旅立ち」と言うことで卒業式以外にもう1つの旅立ちがあります。
新2年生の環境マネージメントゼミが明日、3月15日からネパールへ演習旅行に出ます。
(明日早朝出発なのに、学校で仕事に追われているかわいそうな私・・・。)
ネパールと聞いて、皆さん何を思い浮かべますか???
そう!ネパールには世界最高峰のヒマラヤ山脈が有名ですね!
約2週間の行程で、半分はヒマラヤトレッキング、そして残りはジャングルでの野生動物調査です。

 これは、昨年の写真です。バックの山々が綺麗でしょ?058.gif
c0182661_12175950.jpg


 と言うことで、自然環境カテゴリーのブログはしばらくお休みになります。007.gif
その分、帰国後にネパールの話題をたくさんご報告するので、楽しみにお待ち下さい!
049.gif049.gif049.gif
[PR]
by kobekappy | 2009-03-14 12:52 | 自然環境

冬の黒川演習Ⅲ

こんにちは!ネイチャー担当の城です。

 つい先日、滋賀県で開催された里山フォーラムに参加してきました056.gif
様々な里山に関わる多くの人が集まり、それぞれの里山への想いやこれからの日本の里山について考え、熱く語り合いました006.gif

 若い人たち(私も十分若いんですけど…)が里山をもっと訪れ、里山の自然や野生動物、里山に住む人達の生活や伝統文化、そして日本人の心に触れることが出来るような場を作り、それが仕事として成り立つような体制をつくって行かねば!017.gif
                                 と思う今日この頃です。



 私達がフィールドとして活動している
               黒川演習地も里山です。


今回は里山の冬の風物詩とも言える
            こんなことを演習してきました。


c0182661_1547660.jpg

  ↑これは炭焼きです。

 昨年は白炭を焼きましたが、今年は黒炭焼きに挑戦しました!
白炭と黒炭とでは、炭を焼く時の窯の温度と焼き方が違います。
 黒炭は、白炭に比べ炭質が軟らかで火付きが良いのが特徴で、
代表的な黒炭として大阪の「池田炭」があります。

ただ、炭サイズに切られた樹木を窯に入れて
    炭焼きするだけではありません!
003.gif

c0182661_15475417.jpg

   ↑雪の降りしきる中、炭焼きに使うクヌギやコナラの樹木を山に取りに行きます。035.gif
     ユニックと言う重機を使って、山から樹木を運び出します。


そして…
c0182661_15522240.jpg

   ↑炭焼きサイズにオノを使って割っていきます066.gif

c0182661_1555231.jpg

   ↑この日は黒川地区のおじいちゃんが特別講師です049.gif
     おじいちゃんのプロのテクニックに皆、感動!041.gif

c0182661_15561653.jpg

                ↑完成!!!

 この黒炭は、学生が使用するだけでなく、私達が活動している黒川演習地にある集落内の民宿で使用されています。
 日頃お世話になっている黒川地区の方々への貢献が出来た演習活動でした。
058.gif
[PR]
by kobekappy | 2009-03-07 16:29 | 自然環境

アメリカからのお客様

こんにちは!
生まれてこの方、インフルエンザにかかったことのない(○○は風邪引かない?!)、
ネイチャー担当の城です。

今日は、2月16日に本校で行われた特別講義のご紹介003.gif
c0182661_1133463.jpg

  こちらは、アメリカのイエローストーン国立公園を中心に
自然教育活動を実践されているスティーブ・ブラウン先生です。

この日は、将来インタープリターを目指す学生をはじめ、60名以上の学生が聴講しました。
c0182661_13104885.jpg

流暢な日本語とジャパニーズジョークを交えながら003.gifイエローストーン国立公園のこと、そこに生息する野生動物、アメリカの国立公園、自然教育の考え方など熱心に講義していただきました。


c0182661_1311417.jpg

035.gif講義終了後、野生動物の毛皮を見せていただき、学生達のテンションも最高潮!035.gif
049.gif049.gif

学生達も熱心に講義を受け、講義後の質問では学生達はたくさんの質問を投げかけましたが、1つ1つ丁寧に答えていただき、充実した特別講義となりました。003.gif
[PR]
by kobekappy | 2009-02-27 19:02 | 自然環境

二上山演習

こんにちは!ネイチャー担当の城です。

先週の温暖な天気から一転、今週は冷え込みましたねぇ042.gif
黒川演習地は毎日朝、晩マイナスの気温を記録していました008.gif

さて!
今日は、私達が専用のフィールドとして活動している黒川演習地からちょっと離れて・・・・

どぉぉぉん!!
c0182661_11455925.jpg

ここは、奈良県にある二上山です。
金剛生駒紀泉国定公園に属し、雄岳と雌岳の二つの山からなる二上山(にじょうざん)は、
自然豊かな里山であり、大津皇子(おおつのみこ)が眠る歴史深い所でもあります。


2月13日にネイチャースペシャリストコースの学生が
「インタープリテーション」のスキルアップ演習を行いました。
c0182661_11562336.jpg

↑まずは整列っっ!!軍隊ではありませんよ003.gif
野外では危険がいっぱい
安全管理、危機管理が第一です!049.gif
c0182661_11563815.jpg

↑緊張感を持たせるためにキチッと整列した後は、服装点検066.gif


準備が完了したらいざ、出発 ~ !!
c0182661_1244692.jpg

↑ 二上山の自然、歴史についてのインタープリテーション
c0182661_125583.jpg

↑ 植物についてのインタープリテーション
c0182661_1275892.jpg

↑ ネズミの巣穴観察。
二上山にはアカネズミとヒメネズミの種類の生息が確認されています。
c0182661_1253147.jpg

↑ 尾根筋にて、尾根筋と中腹の植相の違いについて
c0182661_1281853.jpg

↑ 野生動物の痕跡調査
c0182661_1283264.jpg

↑ この日は、非常勤講師の先生にも同行いただいて、
            インタープリテーションしていただきました001.gif

006.gif二上山の植物や野生動物などの自然や歴史だけではなく、
   同行者を安全に案内し、全体をコントロールする難しさを勉強した1日でした006.gif


056.gifおまけ056.gif
c0182661_1256384.jpg

     ↑ 山の中で観つけた落し物060.gif
[PR]
by kobekappy | 2009-02-21 13:04 | 自然環境